春の風

kana3624.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 18日

京都・東山花灯路 その4(前ボケを遊ぶ)

f0328998_23095218.jpg

f0328998_23100714.jpg


f0328998_23101347.jpg


今回の投稿は、タイトルを「前ボケを遊ぶ」としました。

東山花灯路の「竹灯り・幽玄の川」は、円山公園を流れる小さな川の中に、
竹を置いて、その竹の中にロウソクを灯すというものです。

その川の縁に、足下を照らす電灯というか、行灯のようなものがあり、それを前ボケにつかっています。





最初は、ボケのないもの。

その次に、その電灯を入れてボケを作ります。



もちろん電灯はレンズのすぐ下にあり(というか電灯の真上にレンズを置き)、
被写体(竹)は、レンズ300㎜の距離なので、かなり遠くにあります。
そしてピントを竹に置くので、前の電灯の光が綺麗にぼけるということになります。

ボケ具合がそれぞれ違うのが面白いのですが、
実際は、試行錯誤で、「おいおいどうすればいいわけ?」と手探り状態でした(笑)。





f0328998_23102778.jpg

やはりボケのオレンジは、薄ければそれだけ、主役が浮き上がってくるということになると思います。
ボケの色が濃いと、主役とケンカするということなんでしょうね。

この写真がとりあえず、落ち着いた一枚になりました(これでもまだ濃いかな)。

正直、どうすれば薄くなるのか、今ひとつ理解してません。
適当にレンズを動かして、撮れた写真を確認しているのが実際です。
(レンズフードを見ながら、レンズの表面に光がどのように当たるか、かな。。)





f0328998_23103421.jpg


これは遊びです。

だんだん、何の写真か分からなくなってきました(笑)。






f0328998_23124302.jpg



主役が見えない。。





*スマホ等で見られる時は、たまに横長にしてみてくださいね。


[PR]

by kanakana3624 | 2017-03-18 23:36 | 夜景


<< 京都・東山花灯路2017 その5      京都・東山花灯路2017 その3 >>