春の風

kana3624.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 10日

ハスを撮りました。

f0328998_17011104.jpg


ようやく今年の最初で最後のハスを撮影しました。

京都府立植物園に行き、年間パスを購入し(1000円)、蓮池に行こうとしたのですが、
場所を忘れてしまいました(^^;)。

とにかく1年ぶりですからね。

途中で園の係の人に聞いたのですが、

「今年は5月、6月が暑かったので、咲いてはいますが、もうシーズンは過ぎましたよ」。

と言われてしまいました。

そうか、やっぱり。

去年は、主に7月に撮影してましたからね。。

うぅうぅ、、悲しい。。

でもハスは外せないと思い、咲いているものだけでもと思い蓮池に行きました。

それでたどりついて見えたのが、上記のハスでした。

シーズンの時には、さぞかしたくさん咲いていただろうと思われるくらい上の花托(というそうです)がたくさん立っていました。

がくん。。ぐすん。。

それでも咲いているのもあったので、とにかくカメラ、三脚をセットして撮影に取りかかりました。

しかしよく考えてみれば、シーズンの時には、朝の一番でも人がたくさんいたのですが、
今年は、ほとんど1人で独占状態。

機材をセットしながら、かえってよかったかもと、勝手に良いように解釈していました。

ハスの花そのものを撮るという考えをやめて、この花托とやらを撮ればいいのではと思い撮り始めました。






f0328998_17015919.jpg


一番上のものが、カメラのレンズを通すと、こうなるんですよね。

不思議ですよね。カメラは嘘つき、芸術だと言われるゆえんがすこしわかるような。








f0328998_17022295.jpg

最近は、被写体の前の部分、あるいはずっと後ろを見るようになってきました(う~む、これまでの修業の成果か)

蓮池の反対側に木立があり、木立があればその合間から光が差し込んで、それが点光源に見えるようになってきました。

点光源を意識しながら角度を確認しながらレンズを構えます。

もちろん、これは300㎜の、f5.6で、開放です。

前後の花托は結構離れていますが(ではなく、離れているので)、う~む、いいぼけ具合です。

これは私の腕ではなく、レンズの力です。

こういうボケを見ると、心沸き立つようになると、レンズの沼にはなまっている証拠でしょうか。






f0328998_17240720.jpg


 
これは縦位置で撮ったものです。

やはり肝心の被写体のピントが甘い(^_^;)。

とりあえず撮影奮闘記は、次回以降で。

今回もいろいろと感じることがありました。




[PR]

by kanakana3624 | 2014-08-10 20:09 | 花マクロ


<< ハスを撮りました。その2      ハスを撮りたい。。 >>