<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 11日

秋の色その6。

f0328998_18313811.jpg




f0328998_18313888.jpg

11月の紅葉シーズンを過ぎ、12月に入ると、気温も寒くなり、なんとなく慌ただしくなってきたように思います。

今年の秋、数少ない撮影機会の中で、いろんな出会いがあったように思います。

紅葉の撮影については、絞りは8、11と、しっかりと絞るということを実感しました。
ただ絞るとなると、シャッタースピードも遅くなるので、三脚が必要となりますが、
京都の撮影地ではほとんど使えないので、ISO感度でカバーするしかないということになります。
(基本的に快晴より曇りの時に撮影すると暗くなるので、開放気味で撮ってましたが、やはり絞らないと。。。)

今回は、お寺などの建物との組み合わせを意識しましたが、空の入れ方も考えないといけないと思いました。
青空で晴れている時はそれを意識したフレーミングで。
ただ晴れていても、葉や幹などに露出を合わせると、基本的に空は白飛びします。
だから、先生の写真などをHPで拝見しながら思うのは、葉や枝を組み合わせて、できるだけ空を入れない撮り方をするのだということを、今回の撮影ですこし感じました。



最近、新しいカメラが発売されて、テレビや動画などを見て思うのは、
長玉レンズを使っても、三脚を使用していないんだと思いました。
キャノンの7D系で、動き物の撮影ではあまり使われないのでしょうかね。
そうすると長く重いレンズを手持ちで撮影して、おまけに絞るとなると、ぶれますよね。
それをISO感度でカバーするとなると、高感度でも画質がいいボディーが必要となる、ということでしょうか。

今回は、今秋の紅葉撮影で感じたこと、最近、カメラについて感じていることを、
備忘録もかねてつらつら書いてみました。
来年は、また新しいことにトライしようと思っていますが、どんな年になるのでしょか。








[PR]

by kanakana3624 | 2014-12-11 18:54 | 風景 | Comments(2)