春の風

kana3624.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エッセー( 10 )


2017年 04月 23日

圧縮効果とは。

f0328998_17300895.jpg
 
上記の桜の写真のような撮り方の時、「望遠レンズの圧縮効果を利用して」という言葉をよく聞きます。

私は最初、「狭い画角の中で、隙間を入れずに、桜の葉を敷き詰めるような感じ」をいうのかと思っていたら、とんだ間違いでした。
(まったく違うわけではないが)

それで、「いや待てよ、ちゃんと調べよう」となり、昔懐かしい、写真教室時代のテキストを持ち出して確認してみました。





f0328998_17345078.jpg
まだとってました。
中を見ると、結構、真面目にメモとかしてました。
懐かしい。

そんな余韻に浸る場合ではありませんでした。

このテキストは、ステップアップ1なので、基本中の基本となりますが、その中にありました。
「焦点距離と画角」に続いて、「遠近感(パースペクティブ)」という項目です。

被写体の大きさは同じにして、焦点距離が17㎜と200㎜での背景の写り方の違いを確認するというものです。
被写体の大きさを同じにするので、カメラをもっている自分が前後に動くことになります。
最初のころは、背景が違うな~としか思っていませんでしたが、どう違うのかが問題でした。

つまり、望遠の場合、背景が被写体の近くに迫っているように見えるということです。
これはレンズの特性なんでしょうね。
本当はテキストの文言を書きたくなりますが、ここはネットで出ているもので確認してみます。

http://digibibo.com/blog-entry-1503.html

とりあえずこれを見てもらうと分かるかと。
実際に撮ってみるとよく分かるんだと思いますが、これを知っていると撮り方が変わってくるんだと思います。




http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/book_65lens/699464.html

ちなみにこのサイトの、「著名写真家による“焦点距離別”レンズテクニック」は面白かったです。
このサイトの、一番最後に、撮り方の本が紹介されてあり、つい買ってしまいましたが、これがまた面白い。。


圧縮効果とは、被写体と背景との距離が近くなる、圧縮されるということなんですね。

今度、これを意識した写真が撮れたとき、また書いてみたいと思います。

とりあえず今日は、圧縮効果について書いてみました。



✴︎このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。






[PR]

by kanakana3624 | 2017-04-23 18:21 | エッセー | Comments(0)
2017年 04月 21日

写真雑誌を買う。

f0328998_20225165.jpg


毎月、20日は写真雑誌の発売日。
各誌の雑誌が書店に並んでいる。
あまり多くを印刷しないのか、すこし遅れていくと書店にはもうないということがたびたびある。

先月は買うのを控えたが、今月は、私が写真教室で教えてもらった先生の特集記事が出ていたので、購入。

去年も、新緑の撮り方を特集されていた。
それを見ながら、自分で実験して撮影したものを、このブログでもアップしている。

今年は、新緑でも、映り込みの作り方。
自分ではあまり意識して撮ったことがないので、
今年はこれにトライしてみたい。




f0328998_20224944.jpg

二冊目は、花撮影の、クローズアップ技法、しかも花別で、春編とか。
この写真家の雑誌というか本は、これで、二冊目になる。

京都府立植物園が撮影地としてよく出ているとおもったら、京都市在住であることを初めて知った。

以前に買ったものは、花撮影の基本的なものを解説したもので、
光の当たり具合(順光、斜光、逆光)、あるいは光のコントロール(レフ板の使い方)、
被写体の色による露出補正など、初心者向けに丁寧に解説してくれている。
この本は、なんども見ている。




表紙にあるような写真を見ても、ある程度、撮り方をイメージできるようになったのは、すこし上達した証拠かもしれない。
ただ実際撮れるかどうかはわからない。。(^o^)。

以前の雑誌等では、測光方法(評価測光、中央部重点など)が出ていたが、
最近では、それが出ていないのは、なぜなんだろうか。


花の撮影というのは、ある程度、撮り方、技術的な要素もあるが、
その日の光の当たり具合など、偶然、その時、撮れたということが多いように思う。

シャッターを切ったあと、ファインダーに写る写真を見るときの感動は何ものにも代え難い。
今年はどんな出会いがあるのか、楽しみである。




✴︎このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。








[PR]

by kanakana3624 | 2017-04-21 21:06 | エッセー | Comments(0)
2017年 03月 29日

これから。。

写真を、こういう形で撮り始めたのは、2012年3月というから、5年経ったことになる。

写真教室に通い始めたのが、この時期なのでそうなる。
カメラは、その前に買っていたと思うが、経ってみるとそんな時間になる。



すこし趣味で写真を始めてみるかと思い始めて、メーカーはキヤノンと決まった。
どの機種にするかとなったとき、はじめから高機能のカメラとなると値段も高い。
かといって、Kissというのもどうかと思い、60Dと決めた。

その頃はフルサイズと、APS-Cの違いも分からない状態。
60Dと標準レンズがセットになったものを買い、見よう見まねというか、分からないまま撮っていた。
しかしそのうち飽きてくるのは時間の問題だった。

       *

写真教室で勉強したら、すこしは視野も広まり、技術も習得できるかもしれないということで、大阪梅田のキヤノンの写真教室に通い始めた。

この写真教室での学びは、今の自分にとって大きな出来事だった。
雑誌等で読むのとを違い、実際に、プロの先生の言葉や説明、そして撮影実修にでかけ、プロの撮り方を見たのは、大きかった。。

そしてカメラの機能、レンズのこともそれまでとは違う感覚で理解できるようになった。
(以前は、絞りやシャッタースピードって、話を聞いてもよく分からなかったが、実際撮りながら理解するとなんでもない話だ)。

ところが、である。
習い事というのは、どんなケースも同じと思うが、先生から教わっても、自分で悪戦苦闘しないと成長しない。
(たとえばカメラを落とし、レンズを壊すようなアクシデント等々)。

そうやって実践と理解を積み重ねながら、たとえば広角レンズの明るいレンズより、望遠レンズの明るいレンズのほうがボケがすばらしいということも理解できるようになる。
(ただ、ボケの形の作り方についてはまだ私は理解していない。)

最初にも書いたが、道具の導入についても、いつまで続くか分からないということがあるので、「中途半端な」導入となってしまう。
つまり高機能はいらないが、かといって、初心者のようなレンズはなぁ~となる。

そのうち、ご多分に漏れることなく、50㎜、f1.8を使い始めてから、レンズの魅力に取り込まれてしまい、もろもろのレンズが除湿庫に鎮座、ましましている。



話を元に戻そう。

カメラを初めたのは、2012年3月だから、今年で6年目になる。

ここまで続くとは思っていなかった、正直。

今の私にとって、ボケを使った撮り方を覚えたのは大きかった。
今はまだ基本的なことをひたすら撮り続けており、形を変えていくのを模索中だが、この撮り方を覚えてからおもしろみを覚えたので、今の今まで続いているのだと思う。

はじめてからまだ5年しかたっていないので、自分を振り返るのもどうかと思うが、今回、新しいレンズを導入するに際して、今までの自分を確認したいと思って文章を書いている。

 *

EF70-200㎜ F2.8L IS II USM

私にとってこのレンズは、高嶺の花というか、あこがれのレンズの一つである。
今回は、このレンズの導入に踏み切った。
このレンズの機能を生かせるような写真を撮らないと、レンズに申し訳ない。。。

70-200となるとF4という、別のレンズもある。
ただ私の撮り方のように、クローズアップでボケをいかすとなると、明るいレンズ(f値が小さい)となる(withフルサイズ)

となると、F4ではなく、F2.8である。

しかしこのレンズは重いのである。。。

カメラ店で店員さんに、「やっぱり2.8って重いですよね~」というと、
「ここまで精巧なレンズとなるとしょうがないですよね」と言われて、このレンズに対する意識が変わったような気がする。
(4と2.8とちょっとした違いのようにおもうが、重さと値段も違うとなるとまったく違う世界なのだと思う)

よく考えると、70-200㎜、通しでf2.8ということは、200㎜、f2.8ってことか~と思うと考え方を変えないといけない。
(わたしにとって、はるか遠い彼方に、300㎜、f2.8、単焦点が存在するが、今はまだ200㎜)

ここまで盛り上げてしまって大丈夫なのかと反省しているが、とりあえず、このレンズでどれだけのものが撮れるかが楽しみである。

実際、70-300㎜の300㎜で慣れてしまっているので(開放f5.6)、200㎜となるとどうなるのか、正直分からない

とりあえず次の桜の撮影で試してみたい。

撮るのはレンズであって、自分ではない。
ではなく、撮るのは自分だと思って、トライしてみたい。

うーむ、大丈夫かな。(まだちょっと不安。。)














[PR]

by kanakana3624 | 2017-03-29 19:45 | エッセー | Comments(0)
2017年 02月 21日

ネット時代と写真

f0328998_00042929.jpg


桜の撮影で購入しましたが、別のことで話題となっているようです。

SNS時代の写真ということで、手軽に撮れる写真となる一方で色々問題もあるようです。
最近の写真雑誌の特集も、撮る側の視点と撮られる側の視点と両方の視点に立った特集記事が多いように思います。


[PR]

by kanakana3624 | 2017-02-21 00:03 | エッセー | Comments(0)
2016年 05月 21日

写真雑誌を買いました。。

f0328998_21195196.jpeg

毎月20日は、写真雑誌の発売日。
最近は、この雑誌を買う機会が多いかな。
パラパラとめくるだけでも楽しい。
読み物や、撮影のコツ等、読んでも楽しい。
紫陽花の季節も、もうそこまで。
楽しみです。

[PR]

by kanakana3624 | 2016-05-21 21:18 | エッセー | Comments(2)
2014年 06月 23日

写真雑誌を買いました。

f0328998_22360133.jpg

今月の写真雑誌は、このフォトコンにしました。

表紙にみえる特集も興味深かったですね。

それと江口慎一さんの、水の表現術が気になりました。

これまでも何冊かの本というか、ハウツー本を拝見していました。

今回の特集では、光の円ボケの作り方ということで、絞りは開放値を勧めていました。

ただ基本的に使っているレンズが、キヤノンの180㎜マクロです。

だから開放値で3.5。

なぜかキヤノンの100㎜マクロは使っておられませんでした。
(ソニーの100㎜マクロはあります)

とにかく自分で撮って、実験するだけですね。

それにしても、写真雑誌を眺めているだけで、なんか癒されます。。(^o^)。



[PR]

by kanakana3624 | 2014-06-23 22:46 | エッセー | Comments(0)
2014年 05月 10日

コンデジの力。

f0328998_19135462.jpg




f0328998_19135416.jpg



消費税の増税については、あまり意識してませんでしたが、

今年の1月に購入したのが、C社のG16。

それまでもS社のコンデジももっていたのですが、RAWで撮りたいということもあり購入に踏み切ったしだいです。
(私の写友の一人は、G1 X MarkⅡを購入してました)


購入に際して、C社のS120とこのG16とどちらにするかで、誰もが悩むんですが、私も悩みました。

ほとんどスペックは変わらないと言われましたが、ボディーの大きさ、それと若干のスペックの違いをどう考えるか。

G16はこちら。。


S120はこちら。。

私の場合、S社のコンデジで、S120と同じ大きさのものを持っているので、
結局、G16にしました。(このS社のコンデジも素晴らしい)。

それとテレ端の開放値が、F2.8なのが大きかったように思います。
・S120は、24-120(35㎜)で、f1.8~f.5.7 (5.7かぁ~)
・G16は、28-140でf1.8~f2.8

センサーは、1/1.7でコンデジでは標準ですが、望遠で明るいからといって、ボケが期待できるわけでもなく、
明るい方が、ピンぼけが防げるかぁ~と思って、G16にしたしだいです。

広角と望遠と二枚、撮りましたが、どんな感じでしょうね。

広角の方の電線はやはりいただけない。??

カメラについては、それほど詳しくはなんですが、久しぶりにこんな記事になりました。。


[PR]

by kanakana3624 | 2014-05-10 19:22 | エッセー | Comments(2)
2014年 05月 03日

京都国際写真祭

京都国際写真祭が開かれているようです。



開催趣旨は、次のようにあります。

 第2回「KYOTOGRAPHIE国際写真フェスティバル」を2014年4月19日から5月11日に開催します。当フェスティバルは、華やかな春を迎えた 美しき日本の古都、京都を舞台に、伝統文化と現代アートの融合を図る唯一無二の国際写真フェスティバルです。今年度は、「Our Environments~私たちを取り巻く環境~」をテーマに、その規模は家族の風景という身近なものから火星の表層という宇宙規模のものまで、普段特 別に意識することの少ない様々な環境について、写真を通して考えていきたいと思います。

  *

京都でこのような国際写真祭が開かれているとは。。
今年で2回目だそうですが、初めて知りました。

今でもそうですが、写真というのがよくわかりません。

最初は面白く楽しく撮ることはあっても、そのうち飽きてしまう。

写真展等で作品を見たとしても、どこがいいのか?、正直、よく分かりませんでした。

ところが最近は、写真教室にも通い、自分で撮るようになって、カメラのこと、レンズのこと、撮られた写真を通して見えてくる世界に、すこしづつ触れるようになってきて、
ようやく、写真のおもしろさ、不思議さ、恐ろしさを感じるようになってきました。

空間の取り方、視線の方向、線の流れ。
光や影、色や形の織りなす世界から、形の奥にある世界が、力をもって、観る人に訴えかけてくる。

時を止めることによって動き出す時間の流れ、力。

こうやって自分で書きながら、写真を見て感動したことが思いだされてきます。

これからどんなご縁となっていくのかわかりませんが、撮りながら観ながら、写真の世界に触れていきたいと思います。









[PR]

by kanakana3624 | 2014-05-03 18:49 | エッセー | Comments(0)
2014年 04月 22日

写真にゴミが入っている。

f0328998_18413215.jpg



以前のブログでアップした写真です。

この写真をよく見ると、左側に二つほどゴミが写っています。(^^;)。

わかりますかね。。

確認できるところでこの二つだと思います。

以前は、このゴミをスタンプで消していましたが、やはり限界があると思いました。

それで大阪まで出かけて、カメラ内側の掃除に出かけようと思っていました。


  *


出かける前に、確認のために5Dのボディーからレンズを外し、
レフ板というか、真ん中を蛍光灯に向けて、ファインダーを覗きました。

ところが、以前と同じ汚れ(ゴミ)の状態でした。

以前にも一度、クリーニングをしました。
いくつかゴミが残っているんですが、
写真(画像)には影響がないということでした。
このゴミを取り除くとなるとボディーを分解しないといけないとかで、
またお金もかかるということでした。
写真に影響がなければ、それでいいっかと、落着していました。

ところが今回も、同じ状態でした。

  *

ちょっとおかしいなと思いながら、確認のために、レンズを変えて、
晴れた青空に向かって一枚撮り、パソコンに取り込み、拡大してみると、
ゴミがありませんでした。

ということは、レンズが原因。。。

今回アップの写真は、タムロンの70-300を使ったのを思い出し、
レンズを付け替えて、同じように確認をすると、
今度は同じゴミがついていました。

やはり原因は、レンズか。。

ブロワーで、レンズの付け根部分を何度か掃除しました。

今度は、ゴミの位置がずれてきました(^^;)。

何度か繰り返していくうちに、ゴミの位置が一番端っこにずれてきました。

結局、時間のあるときにもう一度トライすることにしました。

ハ~、よかった。確認しておいて。

大阪に行かずに済んだと、胸をなで下ろしていました。

   *

それで今日、撮影をしたのですが、
どうも、私は、レンズを付け替えるときに、
フタもしていないレンズの付け根部分を上に向けるという癖があることに気がつきました。

よく考えると、なんということをしているのか、です。

レンズ交換時には、レンズは横にして、と心に決めた一時でした。

長い長い文章を読んでいただきありがとうございました。(^o^)



[PR]

by kanakana3624 | 2014-04-22 21:22 | エッセー | Comments(3)
2014年 04月 04日

春の風

春の風
水面を染める
さくらかな

今回、新しくブログを始めることにしました。

写真を趣味としていますので、主に自分で撮った写真を中心とした記事を書いていきたいと思います。

冒頭に掲げているのは、今回、このブログ開設にあたり、作ってみたものです。

風の暖かさを感じながら、その風が、さくらの花ビラを舞いあげ、水面を染めている。

そんな季節を感じながら、このブログを始めることにしました。

ブログのタイトルも、この一句の冒頭部分から取りました。

写真は季節を問わず撮り続けますが、そこに季節の色を撮りたいと思っています。

今後とも宜しくお願いします。








[PR]

by kanakana3624 | 2014-04-04 18:42 | エッセー | Comments(2)