春の風

kana3624.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 23日

圧縮効果とは。

f0328998_17300895.jpg
 
上記の桜の写真のような撮り方の時、「望遠レンズの圧縮効果を利用して」という言葉をよく聞きます。

私は最初、「狭い画角の中で、隙間を入れずに、桜の葉を敷き詰めるような感じ」をいうのかと思っていたら、とんだ間違いでした。
(まったく違うわけではないが)

それで、「いや待てよ、ちゃんと調べよう」となり、昔懐かしい、写真教室時代のテキストを持ち出して確認してみました。





f0328998_17345078.jpg
まだとってました。
中を見ると、結構、真面目にメモとかしてました。
懐かしい。

そんな余韻に浸る場合ではありませんでした。

このテキストは、ステップアップ1なので、基本中の基本となりますが、その中にありました。
「焦点距離と画角」に続いて、「遠近感(パースペクティブ)」という項目です。

被写体の大きさは同じにして、焦点距離が17㎜と200㎜での背景の写り方の違いを確認するというものです。
被写体の大きさを同じにするので、カメラをもっている自分が前後に動くことになります。
最初のころは、背景が違うな~としか思っていませんでしたが、どう違うのかが問題でした。

つまり、望遠の場合、背景が被写体の近くに迫っているように見えるということです。
これはレンズの特性なんでしょうね。
本当はテキストの文言を書きたくなりますが、ここはネットで出ているもので確認してみます。

http://digibibo.com/blog-entry-1503.html

とりあえずこれを見てもらうと分かるかと。
実際に撮ってみるとよく分かるんだと思いますが、これを知っていると撮り方が変わってくるんだと思います。




http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/book_65lens/699464.html

ちなみにこのサイトの、「著名写真家による“焦点距離別”レンズテクニック」は面白かったです。
このサイトの、一番最後に、撮り方の本が紹介されてあり、つい買ってしまいましたが、これがまた面白い。。


圧縮効果とは、被写体と背景との距離が近くなる、圧縮されるということなんですね。

今度、これを意識した写真が撮れたとき、また書いてみたいと思います。

とりあえず今日は、圧縮効果について書いてみました。



✴︎このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。






[PR]

by kanakana3624 | 2017-04-23 18:21 | エッセー


     京都岡崎の桜2017 その4 >>