2017年 04月 21日

写真雑誌を買う。

f0328998_20225165.jpg


毎月、20日は写真雑誌の発売日。
各誌の雑誌が書店に並んでいる。
あまり多くを印刷しないのか、すこし遅れていくと書店にはもうないということがたびたびある。

先月は買うのを控えたが、今月は、私が写真教室で教えてもらった先生の特集記事が出ていたので、購入。

去年も、新緑の撮り方を特集されていた。
それを見ながら、自分で実験して撮影したものを、このブログでもアップしている。

今年は、新緑でも、映り込みの作り方。
自分ではあまり意識して撮ったことがないので、
今年はこれにトライしてみたい。




f0328998_20224944.jpg

二冊目は、花撮影の、クローズアップ技法、しかも花別で、春編とか。
この写真家の雑誌というか本は、これで、二冊目になる。

京都府立植物園が撮影地としてよく出ているとおもったら、京都市在住であることを初めて知った。

以前に買ったものは、花撮影の基本的なものを解説したもので、
光の当たり具合(順光、斜光、逆光)、あるいは光のコントロール(レフ板の使い方)、
被写体の色による露出補正など、初心者向けに丁寧に解説してくれている。
この本は、なんども見ている。




表紙にあるような写真を見ても、ある程度、撮り方をイメージできるようになったのは、すこし上達した証拠かもしれない。
ただ実際撮れるかどうかはわからない。。(^o^)。

以前の雑誌等では、測光方法(評価測光、中央部重点など)が出ていたが、
最近では、それが出ていないのは、なぜなんだろうか。


花の撮影というのは、ある程度、撮り方、技術的な要素もあるが、
その日の光の当たり具合など、偶然、その時、撮れたということが多いように思う。

シャッターを切ったあと、ファインダーに写る写真を見るときの感動は何ものにも代え難い。
今年はどんな出会いがあるのか、楽しみである。




✴︎このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。








[PR]

by kanakana3624 | 2017-04-21 21:06 | エッセー | Comments(0)


<< 京都岡崎の桜2017 その4      京都岡崎の桜2017 その3 >>